投稿: 2018/11/06

ピア・スピリチュアル

『現世で普通~に生活をしていたら、霊界での生活はそこそこ楽しいのでしょうかね?悪いことをしないで生きて逝けば、あの世では楽ですよね』        普通の生活と言うのは、可もなく不可もなく、何もしないで自分の暮らしを守って小市民的に生きる、と言うことでしょうか? 現世的には、それで十分と思いますが、魂の立場からは、「それは甘い」と言われますね。 人間は魂の成長のために生まれています。 現世に暮らすことで、その魂が磨かれ目的が達せられると、そこでまた次の課題があります。 それは魂は成長しているから、次々とチャレンジしていくことになります。 小市民的な考え方で霊界を見てはいけません。 魂は登山家のようなものです。 一つの山を登ったら、次の山を目指します。 霊界の楽しみは、他の霊魂や神霊との交流の中にあります。他の霊的存在と交流して、自己を拡大していきます。 その交流は現世でも理解できます。 何度か転職しましたが、時給が安くても、感謝される仕事なら楽しかったです。 逆に待遇もお給料も良くて仕事の内容が楽でも、 自分の居場所が無い職場は苦痛でしたね。 人と共感し合い、自分も相手も分かり合える場に身を置くことが「楽しみ」というものです。 魂が成長して、大人の魂を持つ人は、現世で普通に暮らしていても 波乱万丈の人生でも、霊界では「楽しみ」の境地にあります。つまり、現世での暮らしぶりはあまり関係なくて他界後の「楽しみ」は、魂の成長の度合いによります。